化粧品広告を製作するなら薬事法ドットコムのサイトを参考に

化粧品のメーカー側は、「薬事法」に基づいて広告を作るのが今では約束事となっています。
しかしながら、どんなに気をつけて説明書を製作してもその中に微妙な部分が出てきて「このような表現は、果たして大丈夫なのだろうか?」
と困惑してしまう製作者も少なくないでしょう。
そこで、頼りになるのが「薬事法ドットコム」というサイトです。
こちらを利用すれば、微妙な表現の部分が「可」であるか「不可」であるかが分かります。
たとえば、「まつ毛美容液」に添付する説明の中で「まつ毛の根元に・・・」というような一文を盛り込もうとした場合、「根元」という表現はNGになる確率が高いので注意が必要です。
なぜならば、まつ毛の根元は粘膜に相当するのでこれでは化粧品とは言えなくなってくるからに他なりません。
逆に、あくまでも化粧品の範疇内に収まるような表現であれば問題ないと考えられます。
化粧品の説明の中でよく出てくる「ほうれい線」という表現などは、ただの「肌ダメージ」ととらえることができるので使用が可能であると言えるでしょう。
さらに、美容液等で「シミ抑制」を打ち出すときは「シミ予防」が大部分を占めることを注記することで、広告に掲載ができるようになります。
もっと詳しく薬事法について知りたい場合は、ぜひ「薬事法ドットコム」のサイトを参考にしてみてください。

>