Bumrungrad病院は医療都市的規模

アジアの国際病院としておそらく多くの人が最初に名前を思い浮かべるであろう病院がBumrungrad国際病院ではないでしょうか。
この病院は200床のベッドを備えて1980年に設立され、2008年には外来専用のクリニックも併設されて入院・外来療法において医療のニーズに応えることを目指してきました。
その結果現在では毎日6000人を超える外来患者がBumrungrad病院を訪れています。
この一日に6000人という患者数は世界でも最大規模で、入院用のベッドは540床、アジア最大の私立病院・大規模複合病院に成長しています。
53000平方メートルにおよぶ施設では最先端の機器を備え電子化が徹底されています。
患者は入院・外来をあわせておよそ半数を外国人が占めていますが、年間の患者数にいたってはなんと100万人を超えています。
多言語に対応すべく、約150人の通訳スタッフが世界中からBumrungrad病院にやってくる患者のために働いています。
壮大な医療都市ともいえる規模の病院です。Bumrungrad病院は医療都市的規模

>