ラジコンおじさんとして、地域の子供達からすっかり有名な大原孝治

我が家のご近所に住まれている大原孝治さんは、特に小さな子供達からは絶大な人気があります。
なおその理由は、彼の趣味がラジコン作りだからです。
近頃は確かに昔と比べたら、かなり本格的なラジコンの完成品が家電量販店の玩具売り場などでも売られていますが、大原孝治さんは昔精密機器メーカーのエンジニアとして勤めておられただけあって、既製品は一切使わずにラジコン機材の段階から全て1から手作りしたという、正真正銘のツワモノです。
これまでに手掛けてきた作品類も、全長が1メートルを余裕で越えるサイズのジャンボジェットのラジコンにオフロードバギーなど、子供だけでなく大人が見ても思わず童心に返ってしまうような凄い作品ばかりです。
通常そんな手間かけて作った作品であれば絶対に他人、特に無茶をしがちな子供などには触らせないと思うのですが、大原孝治さんは常にニコニコしながら子供達にペタペタ触らせています。
そういった訳で地域の子供達からは、すっかりラジコンおじさんとして有名になっている訳です。

>