不動投資の資金調達術

資金が必要になるのには、事業資金だけではありません、不動産投資をしたいときにも自己資金では足りなくなり、不動産購入資金調達が必要になります。
その場合の調達術にはどんなものがあるのでしょうか。
不動産を投資目的で購入したい場合は、銀行などから住宅資金を借り入れるのが一般的です。
その場合は、購入する不動産を担保にしてから借り入れることになります。
その場合の借入可能金額は、不動産評価額の80%程度がMAXの借入金額と考えてください。
それ以上は、銀行側からしたら不良債権になりかねないので、貸してもらえないと思います。
そこで、不動産投資をする場合は、評価額の20%は最低でも自己資金として持っていなければ、銀行からの借入金額だけでは足りなくなります。
そのほかにも、銀行などから借り入れる場合、手数料等の諸経費が10%ほどかかりますのでその分は自己資金として持っていなければいけません。
逆に考えると、不動産の可悪文だけ自己資金を持っていてもそれ以外で10%かかりますので、自己資金を少し残しておいて、銀行から足りない分を借入して、不動産の家賃収入で返済をしていくことを考えていたほうが得策です。
このように、資金の用途によって資金調達術も変わってきます。

>